月詠み 日々 細胞分裂

- 泡沫の妄想を あなたへ -

妄想使いの戯言

自然界に属する人間にも、
摂理というものがあり、
それぞれ予め、定められたものがある、
また、そのなかでも下限と上限があることを、
人は日々を送る中で、
それをなんとなくであっても、
また、
それがどうしても納得したくない事柄であったとしても、
心の奥底ではうっすらと気付いてしまうことが誰しもあるもの、
 
例えば、
個人に心臓が鼓動する上限がもうけられているように、
それは抗うことの出来ない定めとして存在しているのだ、

それに倣って、少し話は変わるが、
「各々の人間には言葉を扱える範囲があり、制限が与えられている」
と、ある研究者が、
今を遡ること、はるか大昔に発見していたのをあなたは知っているだろうか、
と、悪戯に訊ねてみたものの、
きっと誰も知らないだろうと思う、
 
なぜなら、
その研究者がそれに気付いた時には、
残された言葉の値が僅かであったためだ、
彼はそれを暗号として、
一見、手短なものとして残し、
この世を去った、
そして、
その難解な暗号は何人の手解きを受けることなく、
延々と眠りの時を過ごすこととなった、
そして、ようやく硬く閉ざされた瞳に光が宿る時が訪れたのだった、
この暗号を解読したのが、
、、、、であった、
この解読内容によって、、、、、


、、、、、、、、、、、、、
、、、、、、、、、、、、、
 


、、、、、、、、、、、、、
、、、、、、、、、、、、、