月詠み 日々 細胞分裂

- 泡沫の妄想を放ちます -

ぺぇーぱぁーくえすと [ 神 no 紙芝居 ] Lv.4

 

 f:id:rasinnbann:20161223135004j:plain

 

ー敵を倒すと

武器は白い世界に吸い込まれるようにして消えていったー

 

f:id:rasinnbann:20161223135008j:plain

 

「ほんらい あなたがたは 想像することで道を切り開いていく

 そういう いきもの なのです

 さきほどの 武器は

 あなたの『心』が想像し 願ったものに

 わたしの力を あたえた結果 生まれたものです」

 

f:id:rasinnbann:20161223134936j:plain

 

…つまり 以前のアンタは そういう力を使って

世界を創っていた そういうことか…

やっぱり オレたちは

アンタの しもべだったんだ

そういうことだな

 

 

「…いずれ 旅をつづけていれば

 あなたにも わかってくれる時が 来るでしょう。

 

 …ですが 躰をうばわれた いまの状態では

 生み出されたものも かたちを 保っていられず

 すぐに 虚無にのみ込まれて しまうようですね」

 

 

…いや、すぐに消えるとしてもだ

『下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる』

…!?(無意識に出てきた言葉だ)

 

「あなたが 言いたいことは よくわかります

 しかし この虚無の世界の主は

 その想像する『心』をも 奪ってしまったのです」

 

オレたちが囲まれていた

あの偽りの世界のことか

 

 

「今のこの世界の主は

 あなたがたの 『心』を喰らって生きています

 あなたが 偽りの世界で暮らしていた日々

 どうでしたか?」

 

 

…おおきな不安も 悲しみもない

疑問をいだくことなく

漠然とした日々が 目の前にぶらさげられていた

そんな気がする

 

 

「それらすべては

『心』を 奪われた世界だったのです

 いま この世界の主は あなたのような

 『想像』する力を取り戻したものを

 必死になって探しているでしょう

 

 いまでも 前向きな心を失えば

 たちまち あなたは捕って喰われるのです

 

 ですから 今は後ろ向きな気持ちを抱かないように

 気を付けてください

 今はまだ この世界の主が送り出す敵にしか遭遇していませんが

 沈んだ気持ちは あなたの姿を主へと知らせる合図となってしまうでしょう」

 


…オレは餌として囲まれていたあの世界から

なにかをきっかけにして

目醒めて

逃げ出したということか

そして…

こんな風にして、今、追われている

 

ー敵が上空からあらわれたー

f:id:rasinnbann:20161223134918j:plain


////戦闘開始////

f:id:rasinnbann:20161223134922j:plain

 
おい アンタ

さっきオレ なんて言った!?

 

違う それじゃない

あぁ 下手な…それだ!

f:id:rasinnbann:20161223134949j:plain

 



 ー ー ー ー


LV.5 につづく…

 

 

トライツール テンプレートセット 直線 プラモデル用工具 TP1

トライツール テンプレートセット 直線 プラモデル用工具 TP1

 

 
…LV.1にもどる?