月詠み 日々 細胞分裂

- 泡沫の妄想を あなたへ -

ぺぇーぱぁーくえすと [ 神 no 紙芝居 ] Lv.2

 

f:id:rasinnbann:20161112091120j:plain


あれ? これ

どこかで 見たことがあるような気がする

 

「わたしの声がきこえたようですね

 そう それはステータスといって

 あなたの生命力を意味する数値です

 あなたは以前の世界の記憶が 少し残っているようですね」

 

以前の記憶?

 

f:id:rasinnbann:20161112091123j:plain

 

「この 真っ白な虚無の世界に足を踏み出す

 さらに それ以前の世界の記憶です」

 

なんのことだ…?

誰なんだ?どこにいる!?

 

「私の姿を探しても 目にすることはできないでしょう 

 今は意識だけの存在なのです」 

 

うぅ…なんだか 頭が痛くなってきた…

 

「ごめんなさい

 あなたを 混乱させるつもりはなかったのです

 ですが 今は目の前のことに意識を集中させてください

 あなたには 危険が迫っています」

 

え?

 

「あなたは これまで生きてきた世界の枠から外れたのです

 それが あなたの 望んだことではなくとも

 もう 戻れないところまできてしまったのです

 これからは 自分の力で

 この虚無の世界を 生きてゆかなくてはなりません

 さぁ まずは目の前の困難に立ち向かいなさい」

 

 

敵が現れた!

f:id:rasinnbann:20161112091127j:plain

/ / / / 戦闘開始 / / / /

 

なんで敵が…戦う…どうやって…

 

「あなたが入り込んでしまった 虚無の世界

 ここでは あなたのことを世界の平穏を乱すものとして

 とらえようと するものがいます

 

 このようなときには

 おそれる心に打ち勝ち 戦いをえらぶのです」

 

 

 …武器ももたず

 無我夢中で敵に殴りかかる

 反撃を受け また攻撃をする…

 意識もうろうとする中

 何とか敵を倒すことが出来た

f:id:rasinnbann:20161112091131j:plain

 

頭上のステータスの数値は『2』と表示されている

あと少しで 自分が倒されていたのだろう

 

「見事 打ち勝ちましたね…

 

一つ やくそくをしてください

この世界では決してしてはならないことがあります

 

『過ぎ去る風景を

決してふりかえっては なりませんよ』

 

さぁ 今は目の前だけをみつめて進みなさい…」

 

 

  ― ― ― ―

 

 

Lv.3につづく… 

 

タミヤ 楽しい工作シリーズ No.122 プラバン0.3mm B4 5枚 (70122)

タミヤ 楽しい工作シリーズ No.122 プラバン0.3mm B4 5枚 (70122)

 

 

 ↓ LV.1に もどる?