月詠み 日々 細胞分裂

- 泡沫の妄想を あなたへ -

とある、立ち位置

「この映像に映っている彼はいったい何をしているのだろう…ってきっと、そう遠くない未来に生きる、未来人に見つめられている真っ最中だと、ボクはそう思うね」
「急にぶさいくな顔で振り向いて何なん。何なん、ボクちゃん?」
「これだよ、洗い物だよ。スポンジに洗剤をしみこませて、それからコップに食器を磨くこの行為。
 水を汚して、泡々になったそれを排水溝に流して、これはいったいどこに流れ着くというのか」
「浄化槽に行くんやろ?」
「おいおい、今、テキトーに言ったね。
 ボクはね、いつも食器洗いをしていて思うんだ。
 これのいったいどこが汚れを落としているのかっていうね。
 近い将来、本当の意味で汚れを落とすってこういうことなんだよって、誰しもがその基準を認識する時代がやってくるんだよ」
「は?つまり、現代の洗剤ごときでは完全に汚れは落としきれていないと、未来人の意見がキミの耳には聞こえるわけか?キミにはその未来人の思想がすでに備わっているというわけか?」
「そう、そうなんだよ。わかってくれたか?」
「アホか。キミ。いいか?よく聞けキミよ、今しか価値の置けない、今しか信じられないことだってあるのだよ。
 キミが言う近い未来ではバカらしくてやってらんないことを、キミはあたしに「ありがと」と言われながら、任務を遂行するという、類まれなる時代を、今、この時をいきているのだよ」
「…誇らしげな顔して…なんなんだよ」
「今日もキミに感謝してあげてんの」
「そうか。それはそれは、どうもありがとう」
「こちらこそ、どういたしまして」

 

 

 

ヨロコビノウタ

ヨロコビノウタ

  • provided courtesy of iTunes