読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月詠み 日々 細胞分裂

- 泡沫の妄想を放ちます -

よるのほし

寝付けない、ながい夜。
カーテンのない硝子窓の外を、ベッドに横になったまま眺めていた。
月明かりの下で洗濯物がやわらかに風に揺られている。
洗濯物を夜に干すのは、きっと、亡き母を傍に感じられるからだ。
母は女手一つであたしを育ててくれた。
仕事をいくつも掛け持ち、朝から深夜までよく働いていたと思う。
いつも先に寝ていたあたしは、母が夜のベランダをペタペタと歩く音でよく目を覚ました。
寝室の横にはベランダがあり、窓の外に映る母はテキパキと洗濯物を干していた。
その姿を目にして、ようやくあたしは深い眠りへと落ちるのだった。
翌朝になると、静まりかえった部屋にあたしだけ取り残され、母の姿はもうない。
テーブルには朝食とお弁当、そして冷蔵庫には夕飯が準備されている。

「いただきます、ごちそうさま、いってきます、ただいま、を家の中ではだれもいなくても言うのよ」

時折り、朝食の横には母からの置手紙が残されていた。
切り取られた小さなメモ用紙に書かれただけの簡単な手紙だが、それが少しずつ溜まっていくのが嬉しかった。
母のおしえはちいさな手には収まらないほどに集まり、それは今も大切にとってある。
きっと、なにげなく過ごしている日々の中にも、そんな母のおしえは見え隠れしているはずなのに。
それでも読み返してみれば当たり前のようでいて気付きがあるのはなぜだろう。
紙を捲るたびにやさしい小言が目の前に広がる。
これでいいのよ、と母の声が聞こえた気がして胸を張れるあたしは、いつまでも親離れができないでいるような気がする。

ねぇ、おかあさん。
今夜はひとつ、報告があります。
そんなあたしも、来年にお母さんになります。
ちゃんと子育てができるのだろうかと、はやくも不安に思う毎日です。
手紙を覗く機会が増えるかもしれませんが、どうぞやさしく見守っていてください。
では、おやすみなさい。




 ー ー ー ー


…という妄想話でした。

蝶々結び

蝶々結び

  • Aimer
  • J-Pop
  • ¥250