読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月詠み 日々 細胞分裂

- ネットの深海から 泡沫の言葉を放ちます -

『Village revitalization』 vol.5 「ブログでビルダーズを紹介してみる」

   f:id:rasinnbann:20151103151240j:plain

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

昼間、この老人が畑仕事に出かけている時にふと思い立ち、老人が毎日夕飯後になにかを書き綴っているノートを覗いてみたことがある。

日付が書かれた後は、その日の天気、農作業中に起きた出来事がかかれていて、たまに祖母の行動が書かれていた。

自らの感情や意見などは一切なく、生真面目に一日のことが書き続けてあった。

パラパラと目を通してみたが、何もそこに楽しみを感じなかった。

まだ何も書かれていたい最後の方のページに、一枚のメモ用紙がはさんであるのを見つけた。

グローバール化」「カフスボタン、カウス?」他にも色々と書かれていた。

そういえば以前、老人に聞かれたことがある。

「これはどういう意味か?」「これはどういうモノなのか?」

わたしは「大きな字で書かれた辞書があるよ」と伝えた。

老人は少しさみしそうな顔をした。

老人が知らなかった言葉。

グローバル化カフスボタン

それらをわたしが伝えたことでいったいなんになるというのだ。

なぜわたしが悪いことをしたような気がして少し傷つかなければならない。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

あらすじ

 

 ある日突然、ど田舎の村が「民間企業参入型経済特区」に指定され、「(株)きみがいて、ぼくがいる」という会社が村をプロデュースし始めた。

 早速、その会社に入社したわたしは、WEBカメラとモニターレンズを搭載した「メガネ」で依頼主の指示に従って行動する毎日を送っている。

 日々アップデートが繰り返されるなかで、「メガネ」の機能も、村の様子も徐々に変わり始めてきた。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 「村おこしビルダーズ」の発足と同時にわたしは「依頼遂行人」として働き出した。

 オープニングスタッフからこれまで、3カ月間を働いてきた。

 今日は嫌なことがあった。

 寝る前にわたしのブログ『また今日も依頼遂行人の一日がはじまるおっ』に投稿する記事を作成することで気分転換することにした。

 

いま、巷で話題の「村おこしビルダーズ」現地民の報告!

 以前もここで報告しましたが、実は私は現地で働いている。

 競争率が高いことでも知られる「依頼遂行人」という仕事にたずさわる私。

 その基本的な一日のはじまり方を今日はお知らせしようと思う。

 

 私の一日はこうやって始まる!

・朝起きて「メガネ」を装着する。(就寝中に「メガネ」は自動アップデートされる。もちろん顔は洗ってからね)

 ↓

・「メガネ」に「HP」と「MP」が表示されているので、その数値で自分の健康状態をチェックする(詳しくはこちら)。それと同時に、アイクリックで購入したアプリを開く。音楽を流しながら昨日の遂行で得た収益の情報を「メガネ」のモニターで確認。ネットニュース等もチェック。

 ↓

・朝食を食べ終えたら、身支度を整えつつ、現在の遂行人待ちの依頼一覧にざっと目を通す。

(依頼内容によっては一人から複数人のものがある。ちなみに以前遂行した「ログハウスの素材集め」では20人がかりの仕事だった)

 ↓

・「遂行依頼内容」と「依頼時間・時給単価」を見比べて、目ぼしいものはチェックボックスに印を入れていく。

・最後に、「村おこしビルダーズ」の「攻略サイト」で依頼人のIDを調べて、過去の依頼に問題が無かったかを探った後、受注したいものだけチェックボックスの印を残す。

再度確認した後、「受注予約ボタン」をアイクリックする。

・そして、待つ。ひたすら「遂行依頼」の知らせがやってくるまで、ひたすら。

 もしも依頼人に選ばれなければ、ちがう依頼内容を選ぶ。その繰り返し。

(ちなみに働きたくなければ受注しなければいい。休みだ。ずっと休みだ…。でも残念ながら活動記録として依頼人の目に入るので、その点は考慮したほうがいい。依頼人はお金を支払ってこの村で遊んでいる。そりゃぁたまには個性のある遂行人を指名するもの好きもいるかも知れないが、多くの依頼人は自分に服従し、依頼内容に順応してくれる遂行人を選びたいと考えるのがふつうだ)

 

 ちなみに、週末の私は「メガネ」を休むことにした。

 とあるイベントに参加するため、早朝からでかけなければならないのだ 』

 

 

 そこまで入力してから、現実のわたしとブログの私のテンションの違いに戸惑う。

 今日は変な依頼主の依頼を受けてしまった。

 依頼内容は「畑を作るための土壌作り(草刈り、石除き)」だったが、「メガネ」で指示されるのは、一緒にこの依頼を受けた女性の方がひたすら見える様にという矢印⇒のコメントだらけだった。

 この村では、そんな行為も「合法」なのだろうか。

 更なる問題が起こるのも時間の問題だろうと思う。

 左下の「公開する」を押してパソコンから離れる。

 

 

  …老人の言葉が頭をよぎるのを待つが、今夜は何も聞こえない。

  

 

つづきます

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

砂の盾

砂の盾

 

  あと一月もすればお正月休みが見えてきて、残業も勢いで乗り切れそうになるのだろうか。

 

 今もアルコールは口にしていないが、それでも朝がつらい。

 お酒が残っている不快な感じは当然ないのだが、別の寝起きのだるさがある。

 

 いままではなんだかんだで飲むことでストレス発散出来ていた部分があったのだろうか。

 体が遺体。もとい、痛い。

 

 寝よう。寝るのが一番だ。