月詠み 日々 細胞分裂

- 泡沫の妄想を放ちます -

職場で 「ユダはお前だ!!」 と判断されるような時代が もしも 来たら。

 顔の表情一つで、勤め先の会社に対する満足度が見て取れたりする時代がくるんじゃないか…。

 

 社畜自慢の記事が、はてなブログの流行?みたいですし、私のブログタイトルに「社畜」の二文字があるので、ここは避けては通れないし、あやかろうかと。

 

ひるぜん焼そば人気に便乗したお酒 迷酒 だいびんじょう 500ml

 

 でも、残業〇〇時間という記事を見かけるとあまりクリックしたくありません。

 自分もそういう会社に勤めていたことがありましたし、あまり思い出したくないですから。(未だに夢の中でやめた会社の社訓を叫んでることがあるのょ

 

 …いろいろと…何社も仕事を変わっている私。(何社も仕事を変わっている人はヘッドハンティングされ続けるような人か、離職率の高い会社を渡り歩くしかない人というイメージ…

 

 その中で2社、対照的でもありながらどちらも「とても苦しかった仕事場」の状況をあげます。

 まずは、

 「残業代があらかじめ定められていて、どれだけ残業しても給与は定額」(私が残業100時間を超えてくる職場を経験したのはここだけです

 もう一社は、

 「残業は毎日一時間キッチリ」

 

 …超残業 か ほぼ定時の職場。

 でも、どちらも同じくらい苦しかった…。

 

 始めの方にあげた会社は、仕事内容がすごく自分に合っていたと思います。

 でも、夜は日付が変わってから帰宅し、朝は就業開始時間よりもかなり早く仕事場に着いてはすぐに働き出していた。

 それでも、仕事をこなしている時は充実感があった。

 ただ、長くは続かない。

 急に仕事場に行くのが辛くなって休むと「無理していた」と初めて感じ始めるのは、今思うとやっぱり変です。

 

 二つ目にあげた会社は、仕事内容が自分に合っていなかったと思います。

 給与も今までで一番良かったですし、会社の安定感も私が勤めた中では一番でした。そこに努め続ければ生活は安定する。でも、仕事の時間がものすごく苦しい。

 職場にいると「皆さん、無能でごめんなさい」と言って謝らなくてはならないくらいに仕事をこなせない。自分の力の発揮どころがわからない。

 毎日同じ時間に帰宅し、ゆっくりと自分の時間が持てたはずなのに何もする気が起きない。そして、寝てしまうとすぐに朝が来て仕事場に行かなくてはならないので、無駄に夜更かしをしてしまうという異常行為。

今の職場、残業は仕事の受注量と納期のバランスで残業の有り無しがきまります、って当たり前か。。昔は日付を変わるまで働くこともあったそうですが、今はどんなに仕事が残っていてもある時間で区切られるようになっています。病み上がりの私としては…いいタイミングで出会えた会社だと思います。だらだら残業する人がほんとうに少ないんです…ただ、逆にさっさと帰る人が多くて翌日の…いや、やめておこう…

 

 …自分に適度にあった仕事で適度な労働時間。

 これが私の中では一番生活リズムが作りやすいのかも。

 

==================================

 

 で、最初の方に戻るのですが、先程あげた会社以外の会社ですが、これまた、妙な苦しい思いをした仕事場がありまして。

 で、そこでの経験から何となく思ったんです。

 以前、「カメラで監視されている職場」に勤めていたことがありまして、上司によく「みられているからな」と言われました。

人の視線を気にしながら行動することってなかなかの苦しさです。(しかもカメラ)

「さっきの判断よかったよ」とか言われると、次もしっかりせねば!とか思いますし、否定されるような言葉を言われると、次に動きづらくなります。

 動きづらいところにまた動きづらくなるような言葉をかけられると…。

 

 …ほんとうの話ですよ…。

 

 その監視カメラ。

 もしも、表情からその人の思考を把握できるような能力を備えていたら…。

 

 会社だけで考えると、その会社基準で一人の会社員を評価するのにはいいのかもしれません。忠誠心とか見て取れたら、社内の裏切り者捜しに躍起になる社長とかいるかもですね。…でも、こりゃぁ怖いですね。自分の心が見透かされている状態で働くなんて。

 

 少し視野を広げて、その監視カメラを取り付けることが義務となっている世界があったのなら…。

 専門機関が、働く人の仕草や表情から、過労死うつ病の可能性を探り、警鐘を鳴らすことで、働く人の悩みを減らすことにつながるかもしれない。

 

 いい意味でも悪い意味でも。

 物は使いようですね。

 (いや、専門機関なんてないし、そんな機能を備えたカメラは流通してないだろ…

 

 

 

 

第56話 美しき拳士レイVSユダ! 男の花道に涙はいらぬ!!アナタの胸で死にたい。

 

 …きょうは↑この分かる人には分かる「北斗の拳」の「レイ」と「ユダ」のある一場面のセリフを言いたいだけだったのかも。

 

 

 

 

  おやすみなさい。 心、やすらかに。