読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

( >д<);'.・月詠み 日々 細胞分裂・∵.

- ネットの深海から 泡沫の言葉を放ちます -

嫁はテレビを消すとき、リモコンを俺に向けてから電源ボタンを押す

『短編妄想話』 日々

「本当に消えたらどうすんの?」

「消えないわよ、バカじゃないの」

 

「…もしもだよ」

「もしも消えたら面白いね」

 

「面白くねぇょ」

「リモコンで出たり消えたりする男って、テレビに出られるんじゃない?」

 

「…儲けられるかなぁ」

「まぁ、世界に一人だからね」

 

「転職か?」

「よかったね」

 

「でも、すぐに飽きられるんじゃないの」

「そこはキミしだいだって」

 

「…じゃぁ、やめとくわ」

「…」

 

「だから!俺に向かってリモコン押すなって!」

「( ゚∀゚)アハハ」

 

 

 

 

・・・・・・・・40年後・・・・・・・・・・・・

 

「…テレビにリモコンがあった頃が懐かしいなぁ」

「…ねぇ。アナタに向けて「消えなさい」ってやってたわね」

 

「あぁ。…確かそうだったかな?」

「そうよ、確かにそうだったわよ」

 

「…お互いに過ごした思い出話も、こうやって時々は話を合わせないと。

 なんだかね、忘れそうになる。ボクは、歳をとったなぁ…」

「そぉ?アナタは昔から忘れやすかったわよ。

 …忘れても、こうやってまた思い出させてあげるわよ」

 

「…あぁ、そういえば。この前の正月に来た孫の映像をまだ見返してなかった」

「いいえ、先週一度観たじゃないの」

 

「そうか?」

「そうよ!?」

 

 

・・・・・・・・さらに10年後・・・・・・・・・・・・

テレビからリモコンが完全に消えた頃、一時的に流行った型のテレビがある。

機能の一つとして、居間の様子をカメラで記憶し続けてくれるテレビだ。

新しく家庭を築いた新婚夫婦が「家族の記録を長年に渡って撮り溜めたい」と一部にだけ売れた小さな家電メーカー「(株)そこにある当たり前」が販売したテレビだ。

ここにそのレトロなテレビがある。

壊れているのでなんとか修理して欲しいと、この修理専門会社に持ち込まれたモノだ。

今は昔と違って、いかに古い家電を使い続けていくかに価値が置かれている。

手に入らない部品を工作機で作り上げる。

記憶媒体は、最新の新しいものにコピーして復元させる。

捨てられそうだったモノが息を吹き返す。

その瞬間がとても好きで家電修理の仕事を続けている。

 

動作チェックにはいる。

音声認識操作に少しだけ難があるが、注文内容が「テレビに残された映像をみられるように」とのことだったので、そちらの備え付け機能を先に確認することにした。

 

問題ない。

テレビには持ち主の家庭の記録が映し出された。

このテレビは老世帯が買ったモノのようだ。

映像のはじめの方でブックマークされていた映像を再生してみる。

映し出された小さな子は孫だろうか。

映像を追っていくと、老夫婦の日常が映し出された。

喧嘩をしている場面もあれば、お腹を抱えて笑い合う姿もあった。

お盆、正月に訪ねてくる娘家族との団らんの場面には必ずブックマークが付けられ、いつでもすぐに視聴できるようにしてあった。

成長を重ねる孫の姿に、このテレビを持ち込んできた依頼主の面影が見え始めた。

当然だが最後まで見る必要はない。

 

依頼主には完璧な仕上がりで手渡そうと思う。

近々、このとある家族の物語に続きが生まれるはずだ。

 

 

 

…という作り話でした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

つみきのいえ

つみきのいえ

 

…まぁ、タイトルは事実なんですけどね…

(´;ω;`)ウゥ

 

 

今日は仕事始め。

明日はどんな一日がまってますかねぇ…。

 

鉄道ワルツ

鉄道ワルツ