月詠み 日々 細胞分裂

- 泡沫の妄想を あなたへ -

白い空間『告白』

お願いがあります。どうか聞いてください。
私の話を。
誰にも言えない秘密を抱えて、小さい頃から生きてきました。
でも今日は、その秘密をあなたに打ち明けることで「楽」になりたいと思います。

私には、物心付いた頃から不思議に思っていることがありました。
それは私が寝ている時にいつも起きることなのです。
実は、睡眠時にはいつも一つの空間の中に居るのです。
それを、幼い頃には夢だと思っていました。
しかし、成長するにつれて「どうやら私の場合は夢ではない、これは違う」と感じ始めました。

 

最初の頃、その空間は真っ白でした。
幼少期の頃です。
目の前に広がる地面は真っ白で、視界には何も無く、とにかく何もかもが真っ白でだだっ広い。
それを寝ている間、ずっと見続けるんです。
いいえ。
それが、なぜか苦痛ではないのです。不思議ですよね。
それは突然、リモコンでチャンネルを変える様にして「現実の世界」に戻ります。
ええ。
その空間から解放されて目が覚めたのです。
寝ている間だけ入り込む白い空間。
そこから、意識的に目覚める方法は未だにみつけられていません。

「起きたい!これは現実世界の映像ではない。目を覚ませ!」

睡眠時にそう思っても、体は寝たままなのです。
無理やり誰かに「起きなさい」と揺り動かされても目覚めることは出来ないようなのです。
ただただ、現実世界に引き戻されるのを待つのみで。
おかげで、学生時代はよく遅刻をしました。
いいえ、決してふざけていません。
本当の話です。話を続けさせてください。

 

え?時間があまりありません、から?
では、ここからは私が一番最初に開けた扉の話だけにしますので、おつきあいください。 

 ー ー ー ー

ある日、真っ白な空間に変化を感じました。
それは「音」でした。
それまで無音だったのに、近くで歩く音が聞こえた気がしたのです。
これまではその白い空間の中を外から見ているという視点だけでした。
けれども、その音に意識すると、その方向への動きを感じました。
そうです、私は歩けるようになっていたのです。
それでも、あまりにも真っ白な世界。

対象物がないため、どんなに歩いても目の前の景色は何もかわりません。 
前へ後ろへ、進めているのかどうかを疑問に思いましたが、現実で歩くように確かに私の足音は聞こえます。
その場に立ち尽くそうと突き進もうと、目が覚めるまではこの空間の中で時を過ごすだけ。耳を澄まして、音がする方へと歩き続けました。

すると、遠くのほうから一つの扉が近づいてきました。
自然とドアノブに手が伸びます。
ちゃんと手があるんですよね。当たり前ですが、使い道がそれまでなかったので。

扉の先には同じような白い空間が広がっていましたが、目の前に一つのショーケースがありました。
中を覗いてみると真空パックされた肉が並んでいました。
一見、普通の精肉店のようでした。
しかし、よく見ると妙なものがそれに紛れて並んでいます。
それはラッピングされたパックであり、値段が書かれたシールの上に重なるようにして値引きシールが貼られたものでした。

中には20cmくらいの、小さな人間の男が全裸でパックされていました。
綺麗に仰向けに収まっていることはなく、逃げ惑う姿のまま貼り付けられたような不格好な姿でそこに居ました。
ピッチリとラッピングされている、その口元のラップ部分はきれいな丸を描いています。
よく見ると、その丸の内側に小さな穴がポツポツと開けられいました。

何とか呼吸はできているようですが、ペコペコと出たり引っ込んだりする様子からしてみても、とても息苦しそうです。
唯一動かすことのできる目が私を捉えます。
小さな男は私を何とも言えない目で見つめてきます。
ラップに付いている小さな水滴はもしかすると、この小さな男の涙なのかもしれません。

 「いかがですか?お買い得ですよ!」

突然、声が私に向かってきたのに驚きました。
辺りを見回してもショーケースとその中にあるもの、扉以外には何も見えないのですが、何かがショーケースの奥側でうごめく気配を感じました。
そのまま返事が出来ずにいると、その小さな男の隣に新しくパックされたものがスッと現れ、並べられたのです。
次は全裸の女性でした。「新鮮」と書かれたシールが貼ってあります。
同じように口元を大きく開いて息苦しそうな顔を浮かべています。
そして、並べられると同時に小さな男の方のパックが宙に浮びました。

「あっ」

と私が思わず声を上げると、そのパックはショーケースから引っ込められるのを止められました。
ショーケースから抜け出した、小さな男の足から胸の辺りまでが私からは見えなくなっていました。

「買います。それを」

少しの沈黙の後、よくわからない気配に向けて私はそう告げていました。
胸から上だけになった小さな男と目が合いましたが、その表情からは何も察することは出来ませんでした。
よくわからない気配が返事をします。

「あ、こちらの商品で? ありがとうございます!では早速、捌いてきますね」

ショーケースの奥へと運ばれ、小さな男は見えなくなりました。
それから間もなくして、消えていった方から何やら声が聞こえてきました。
とても印象の悪いものでした。
私は思わず、耳をふさいでしゃがみ込みました。
そこで、

「あ、この世界でも自分自身に触れることが出来たんだ」

とその時にはじめて気付き、ショーケースに映り込んだ人ではない姿の私に慄いたのです。





ー ー ー ー


 …という、妄想話でした。



↓ また、別のある日の、白い空間のお話。