月詠み 日々 細胞分裂

- 泡沫の妄想を あなたへ -

幸せな国にあるパッカー車

ストレス物質が解明された昨今、この国の朝はとても穏やかだ。

 『おやすみ前にカプセルを一錠飲むだけで、翌朝すっきりと目覚めることができます』 

一日の生活で蓄積されたストレスは、翌朝の枕元へ転がる。
睡眠中にストレスを含んだ呼気が集まり、一つの塊が形成される。
その塊の大きさは、一般的には豆粒からミニトマトくらいの大きさだが、現在報告されているもので最大級のものは野球の硬式球ほどの大きさが確認されている。

寝起きにそれを摘まんで拾う瞬間、人々の心は大変穏やかで心に全く淀みを感じない。

「これまで生きてきて一番熟睡することができたのではないか」

と毎朝そう思ってしまうほどの効用がある。
この爽快感が国中へ蔓延するのにそう時間はかからなかった。
薬は毎日常用しても依存性もなく、人体に対する薬害も今のところ確認されていない。
ただ、一番の問題となるのはやはりこの「ゴミ」問題だ。

ストレス物質からなるこの塊はとても厄介な代物だ。
この物体はとても固く、破壊することも焼却処分することも出来ず、自然の力でも分解することが困難である。
当初は一般ごみでは回収されず「損害ゴミ」として回収された。
市区町村指定のごみの日に、専用ゴミ袋へ入れて所定の場所へ捨てるのだ。
集められたストレス物質は、一時的に保管施設がつくられたがそれも直ぐに一杯になってしまった。
このゴミ問題を研究した結果、なぜか生きものの体内だといとも簡単に消化できることが判明した。

とはいえ、ストレス物質を人が口にすると、そのストレスを受け入れることとなり大変危険であるとの報告もされた。
国は他の生物に与えることで塊の山を消滅させようという方法を選択した。
その中で、もっとも効率よくストレス物質を口にしてくれる生きものは「カラス」だとわかった。
生態系を永続的に持続させるためにはスカベンジャー(掃除屋)は欠かせないが、カラスは人間社会により親密で欠かせない存在となった。

 

今日もまた静かで穏やかな一日が始まろうとしている。
争いや喧噪という言葉が聞かれなくなったこの国の早朝、上空では黒い翼が飛び交う。
その下では無数に広がる塊が山のように集められている。
集積場に降り立った翼は、その塊をくちばしで啄んでは次々と呑み込んでいく。
再び上空へ飛び立ち、拡散された黒い翼は大きなくちばしから「耳障りな声」を発する。
ストレス物質という塊に込められた「人に忌み嫌われる言葉」を巧みに操るようになった黒い翼。

しかし、それに対する鬱陶しさも人々は翌朝になれば、何ら気にすることはない。
傍らに転がる塊を後目に、心も体もとても穏やかで快調だ。
カーテンを開き、窓に近寄る。
晴れ渡った空を黒い翼が横切っていった。




 ー ー ー ー


ya-yo!

ya-yo!

  • ACO
  • J-Pop
  • ¥250

 

 …という妄想話でした。