接ぎ木の家で素知らぬ顔

一瞬で情報が地球の反対側にまで飛び、人や物が軽々と国境を越えていく。はるか上空では衛星がひしめき合い、街中では監視カメラが常に日常を記録し続けている。そんな中で、人々はいつでも刺激ある何かを探している。誰かが声を上げればそっちへ群がり、貪られた発見はすぐに枯れていく。常に真新しさ求め、それに退屈す…