白い空間『繰り返し行う』

真っ白な世界にドアが現れた。つまり現実の私は寝ている。でもこれは、夢ではない。別に存在する、不思議な世界だ。 ー ー ー ー ー ー ドアの先にあったのは白い空間で、私は作業していた。それは突然はじまったというのに、私には何をしなければならないのかが分かっていた。そこはひたすら繰り返し行うことが意味を持つ…