『Village revitalization』 vol. 7「母のつくったごはん 」

特殊な「メガネ」を装着し、依頼主の指示に従って行動することで報酬を得るという生活がこの村の日常だ。どっぷり浸かったその生活の不安を紛らわす為だろうか、車に乗って気分転換に村を出ようとする。すると突然、わたしの目の前でこの村から出るための唯一の道が吹き飛んだのだ。