『Village revitalization』 vol.2 「ど田舎の村に変な会社がやってきた」

目標もなく、時間稼ぎをして生き長らえる人生がわたしに残された設計図だったはずだったのに。 ある日のTVニュースで珍しく自分の住む市が取り上げられているのを目にする。さらに詳しく掘り下げると、そのニュースの舞台はこの合併に合併を重ねて市に取り込まれた、末端の限界集落であるこの小さな村だった。 政府が民間…