月詠み 日々 細胞分裂

- 泡沫の妄想を あなたへ -

今朝方みた夢 「ひよこばってりぃ」

ピヨピヨという鳴き声が、暗闇の先にある扇風機の土台部分から聞こえてくる。肌寒いこの季節、そのけったいな扇風機を回すことには一つの理由があった。預かった洗濯物を、この一晩の間に急いで乾かさなければならないのだ。そして、その他人の洋服を明日の…

「雨と日照りの対岸」

雨はもちろん、風も時折り激しく吹き荒む。身に着けていた雨着は家を出てすぐに水浸しになった。この村と崖を挟んだ対岸の隣村が見渡せる高台に今日も向かう。軋む階段を一段一段、踏みしめながら上まであがると、狭苦しく殺風景な板の間が塞ぎ切れない雨風…

「輪廻の沼」

治験に参加してみないか、とその研究所に所属する元彼に誘われ、話を聞くだけよ、というつもりがこうなってしまった。非公開で募集をかけられない案件だから調べても出てこないよ、とその彼は口にするが、たぶん彼の研究施設自体が非公開だろうという想像は…

白い空間『綱渡り』

私ごとだが、その、夢というものを見たことがない。皆と同じように一日の終わりとしてベッドに横たわり眠りに入る。そこまでは同じだと思う。ただ、その眠りから先が大きく逸脱していく。次の瞬間、眼前に広がるのは真っ白い世界。なぜか私は現実世界で眠り…

はむしたい、

光に群がる、小さな羽虫。そいつらがうらやましかった。理性もなく、ただ本能に導かれるようにして生きる。名も知れぬただの虫。今は成れるものならば何でも、とそう思った。 意識を取り戻してから、少なくとも数時間は身動きが取れずにここに居る。周囲は静…

白い空間『灰色の均霑』

眠りにつくと白い空間に誘われる男の話シリーズ。 今回の舞台は白い灰の降り積もる世界。

「悪魔の手」

目が覚めると、確かにわたしの左手の人差し指、中指、薬指の爪に「壱、弐、参」と順番に数字が浮かんでいて、その左手は手首から指にかけてが歪であり、人間のそれとは明らかに形が違う血色の悪い灰色をしていた。夢ではなかったのだ。 昨晩、眠りの中で男の…

死人と観測員

身を打つ強い衝撃が。それと共に唐突な眠気に襲われ、抗うことなく瞼を閉じた。そして、朝が来たから、という当然の流れのようにして私は目覚め体を起こした。という、そんな感じだったが、瞬時に違和感を感じた。どうしてこんな硬いアスファルトの上に寝そ…

黒の時間

預金通帳を開いたまま、ATMのすぐ横で立ちつくす。貧弱な残高を見つめていた。当然のことながら一円も入金はされていない。この惰性な生活も2年目に突入した。今となれば、感情に任せて唐突に仕事を辞めたことを後悔している。未だに振り込まれることのない…

「Blood found」

「献血しよう!今ならもれなくアバターがもらえる!」 『Blood borne』キャンペーン実施中!

「瞳の中のアルバム」

もう、寒空には傾いた月が浮かんでいる。久しぶりにバーゲンで洋服を漁ってしまった。白い息を吐きながら、足早にアパートを目指す。開店と同時に店になだれ込み、時を忘れて買い物を楽しんでしまった。彼氏を誘ったが、荷物持ちになることを最近は学習した…

忘却の背中の

母は産まれて間もない私を抱いて、こう言ったそうだ。 「この子は世界地図と一緒に産まれてきたんねぇ」 生まれながらにして背中が痣だらけであった。母の言葉の通り、地図でも描かれているかのようにして、生まれ持った灰色の痣が背中を巡っていた。それに…

右腕を差し伸べて、左手で、

まだ明け方で部屋は薄暗かった。うつ伏せで寝ていたからだろうか。顔の下に敷いていた左腕に、よだれが滴っていてみっともないなと感じる。もう片方の右腕はというと、何かを掴もうとするかのように前方へ伸びている。でもその先には見慣れない壁があるだけ…

「解体屋のたしなみ」

解体屋にも崩せないものがある。 それを俺の業界では「たしなみ」と呼んでいる。

「天の主釣り」

狭い飛空艇の操縦席。唸るエンジン音に耳が慣れてくると震える鼓膜の更に奥、私の脳は静けさを感じ始めていた。人には仕事終わりに一息つく趣味のようなものだと告げているが、本音としてはそんな気の休まるようなものではない。雲を突き抜け、高度が安定し…

あかりのあるへや

そんなことがあるものかと、疑われて当然だとは思うが。喧嘩をしてから実に4年間、私たち夫婦はずっと口をきかなかった。子どもがいない、二人きりの家庭生活を振り返ってみて何があったか。はじめは笑いの絶えない夫婦だったのにな、とそんな思いに耽りな…

微睡みの記憶

医者の言う通り、ものわすれが激しくなっていることをいよいよ認めざるを得ないのだろう。悪い足を引きずりながら居間に立ち竦んで、いったい何のために動いたのかを思い出そうとするのだが答えが見当たらない。昨晩、娘との通話で何を言われたか。それがヒ…

「戦場と書簡と最後の嘘」

「担当の編集者から度々打診されてはいましたが、これまでに自分のことを語ることはありませんでした。そんな私が自分語りするのはどうも不慣れでむつかしく感じるので、小さな頃からのエピソードなどを順に思い返して語ろうと思いますがよろしいでしょうか…

深夜の密会「tell me」

「あ、夫が来ます」 「ではまた、商品についてご不満やわからないことがあれば24時間、いつでも…」 夫が寝室に向かってくる気配を感じたので、担当の相手が最後まで話す前に通話をきる。疚しい気持ちなどない、といえば噓になる。名残惜しい。もっと会話を…

月曜日の俺が殺しに来た、

生き辛さから逃れようとした結果、曜日ごとの人格が7つ形成された。 しかし、それでも問題は解決しなかった。月曜日の「俺」は決心をする。 時は遡れないが未来は変えられる。 月曜日は火曜日、水曜日となきものにして徐々に日曜日を手繰り寄せることにした。…

白い空間『道標』

眠りにつくと白い空間へと誘われる男の話シリーズ。今日の舞台は霊山。

「アリアの肉」

培養された食物が食されることがさほど珍しくなくなった世界の話

よるのほし

寝付けない、ながい夜。カーテンのない硝子窓の外を、ベッドに横になったまま眺めていた。月明かりの下で洗濯物がやわらかに風に揺られている。洗濯物を夜に干すのは、きっと、亡き母を傍に感じられるからだ。母は女手一つであたしを育ててくれた。仕事をい…

傍らの理解者

病室のベッドの上で、今日もめざめてしまった。細やかな雨粒がガラス窓を叩いているのがわかる。 一か月前に交通事故にあって、私の身体はバラバラに壊れた。事故にあったことで記憶の方も定かではない。後に聞いた話だと、私は急に路上に躍り出て立ち止まっ…

アイリスの花言葉

時計を見上げると午後三時を過ぎたところだった。いつも通り、自転車の揺れる影が窓の外から作業場へ入り込んだ。宅配ポストがコトンと音を立てる。もう少し休憩を伸ばすことに決め、コーヒーを入れ直す。作業用のメガネから老眼鏡に付け替え、それから今し…

遅咲きにて狂い咲き

実はこれまで一度も働いたことがない。このままだと近い将来にたいへん困る事態に陥るのではないか、という不安に苛まれたのが幼少の頃で、確か7歳くらいだったと思う。ませた子であった。ひと月も通えなかった小学校、そこから引きこもり続けた日々。3つ…

「手向けの花」

「オークション史上、最高額で落札されたものを知ってる?」 と訊かれると難しいかもしれない。ただ、それにヒントとして植物、または音響器具、スピーカーと付け加えていくとどうだろう。音楽に詳しくない人でもオークションに関心のない人でも、それだった…

AI小説家

目が覚めると、全身がじっとりと湿っていて、首筋から顔にかけては玉のような汗が噴き出していた。思わず首元に手をやると不快感がこびり付いた。嫌な夢を断続的にみていたのは覚えている。職場の上下関係に苦悩している最中、発注ミスが加わり呼び出しをく…

接ぎ木の家で素知らぬ顔

一瞬で情報が地球の反対側にまで飛び、人や物が軽々と国境を越えていく。はるか上空では衛星がひしめき合い、街中では監視カメラが常に日常を記録し続けている。そんな中で、人々はいつでも刺激ある何かを探している。誰かが声を上げればそっちへ群がり、貪…

白い空間『蟻』

みすぼらしい。ドアから少し顔を出し様子をうかがったのだが、そこに広がる世界を覗き込めばそんな言葉が頭に浮かんだ。すぐ目の前にはボロボロの服を着た、背の低い女性の背中が見えた。灰色がかり、枯草のよう垂れ下がった髪が後ろで4つ束ねられている。…