月詠み 日々 細胞分裂

- 泡沫の妄想を あなたへ -

2018-04-10から1日間の記事一覧

悲しみの淵バランス

「ひさしぶりだね」小さな山の中腹にある、誰も居ない、誰が管理しているのかも知れない、そんな協会の庭にある朽ちたベンチに腰かけて、暮れていく目の前の色々を眺めていたら背後からそんな声が聞こえた。「また、さがしもの?」淡々と話しかけてくるその…