月詠み 日々 細胞分裂

- 泡沫の妄想を あなたへ -

2017-09-10から1日間の記事一覧

死人と観測員

身を打つ強い衝撃が。それと共に唐突な眠気に襲われ、抗うことなく瞼を閉じた。そして、朝が来たから、という当然の流れのようにして私は目覚め体を起こした。という、そんな感じだったが、瞬時に違和感を感じた。どうしてこんな硬いアスファルトの上に寝そ…